ブログ | 明治21年創業、日本伝統工芸品、和雑貨店

広尾和らぎや|明治21年創業、日本伝統工芸品、和雑貨店

TEL.03-5789-6075(10:00~19:00)  

『雨降って地固まる?~梅雨の楽しみ~』5月のお勧め♪

作成日:2018年05月05日(土)

 

  既に夏日を思わせる気温が続いているので皆様お忘れかも知れませんが、6月は梅雨の季節。今年は皆様にぜひ和傘の良さを知ってもらいたい!という事で前々からしたかった京和傘のご紹介です!

 

 和傘の一番の良さは何と言っても安定感だと思います。使うと分かるのですが持ち手にある程度の重みを感じて最初は「重いかな?」と女性ならば思ってしまうかも知れません。しかし、これが本当に有能なんです。この重みのお陰で多少の風にも吹き飛ばされずしっかりと持つことが出来、強い風に煽られずらいため洋傘よりも風が吹く時は軽く感じます(個人の感想です)。また、傘の開きは二段階に調節出来るため天候に応じた使い方が選べます。

 当店の「道具は使う」という考えから、一番良いコンディションでお渡ししたいと考えて今回は受注生産となりました。ご注文からお渡しまで約1ヶ月です。ぜひこの機会に和傘をお使い下さい♪

 

 

 

Facebookにて商品の詳しい説明や入荷情報。五月飾りの情報も!

日々のあれこれを掲載しております。ぜひご覧ください♪ 

 

 

続きを読む: 20180505 saijiki1

 

続きを読む: 20180505 saijiki2

 

 

 

4月のお勧めは『長沢士郎・新作手拭』&『五月飾り販売会』 

作成日:2018年04月01日(日)

 

  桜吹雪が美しい季節になりました。明治通りを歩いて通勤しておりますがこの時期は特別に好きです。

 

 さて、4月のお勧めは手拭絵師作家、長沢士郎さんの新作を含む手拭と先月に引き続き五月飾りです。長沢さんは群馬で精力的に展示会などを通じて手染め注染の手拭の普及に尽力されておりましたが昨年より展示会を終了され、作品に専念されて中々お目にかかれない貴重な手拭となってしまいました。東京では広尾和らぎやのみの取り扱いです。全国でも2店舗のみの取り扱いという本当に貴重な手拭です。それは、手染め注染手拭について共感して下さる店舗にというこだわりから。通好み、と長沢さんの手拭について良く言われますが初めて手拭に迷われている方にもお勧めです。さらりとした晒し木綿の生地がこれから夏に向けてピッタリのお品です。

 

 五月飾り。皆様、五月飾りは揃いましたでしょうか?兜に鯉のぼり、それから??場所によっては鍾馗様を飾ったり、金太郎や桃太郎といった伝説の主人公をモチーフにした人形などを飾ったり。多種多様。広尾和らぎやでは毎年雛人形と同様に五月飾りの展示販売を行っております。鉄兜、ガラスの兜、博多人形の他、木地人形など手作りの工芸、民芸が勢揃い。まだ間に合いますのでぜひ、ご来店下さいませ♪

 

 

Facebookにて商品の詳しい説明や入荷情報。五月飾りの情報も!

日々のあれこれを掲載しております。ぜひご覧ください♪ 

 

 

続きを読む: 20180401 saijiki1

 

続きを読む: 20180401 saijiki2

 

 関連記事:

お勧め五月飾り2017

五月飾り展示販売2017

お勧め五月飾り2016

色々な素材の兜飾り2016

 

春は着物で出かけよう♪ ~カジュアル着物のススメ~

作成日:2018年03月04日(日)

3月に入りぐっと春らしくなって参りました。春は桜が咲く季節でもあり散策には持って来いの季節です。

近年、お花見がまた復活して仲間内で桜の木の下で宴会する方達を目にすることが多くなりました。

普段は着物に抵抗のある方でも、古くからの伝統文化「お花見」の中でしたら抵抗感なくお召しになって頂けます。

また、当店が兼ねてよりお勧めしている綿着物を着るにも丁度良い季節!

これはもう着るしかありません(笑)。

 

今回は綿着物+当店オリジナルの半巾のコーデを紹介いたします。

 

 ◆ ◆コーデ1・遠州木綿 ◆ ◆ ◆

続きを読む: 20180304 harunokimono1続きを読む: 20180304 harunokimono2

■遠州木綿+半巾「ガーデン(緑)」

ベージュの地に5色の縞が印象的な遠州木綿。遠州木綿は生地に凹凸がありふんわりとした印象の生地です。半巾は柄と無地のリバーシブルになっており、同じお着物・同じ小物でもこれだけ印象がちがいます。半巾ですが名古屋風に帯締めに真田紐とトンボ玉を使いました。着物と半巾に色がたくさん使われているので帯締めとトンボ玉は同色でシンプルにしました。

 

【使用した着物&小物】

・遠州木綿 お値段はお問合せ下さい。

・広尾和らぎやオリジナル半巾帯「ガーデン(緑)」 ¥6,800(税別)

・真田紐 (化繊)紫1.5m ¥510(税別)

・帯締めトンボ玉「花(紫)」 ¥12,000(税別) 

 

 

 

 

 ◆ ◆コーデ2・伊勢木綿 ◆ ◆

 続きを読む: 20180304 harunokimono3続きを読む: 20180304 harunokimono4

■伊勢木綿+半巾「平和の鳥(青)」

大胆な大きな縞が印象的な伊勢木綿を今回はチョイス。大きな縞は反物の縦半分をオクミとエリにどのように入れるかという楽しみがあるので二着目、三枚目と作る方にはぜひとも挑戦して頂きたい柄です。伊勢木綿は割と薄手なのでガーゼに包まれている様な肌触り。合わせたオリジナルの半巾帯は青(紺?)地に白い鳥がちりばめられた可愛らしいデザイン。裏は優しい薄いピンクの無地なので表は可愛く個性的な印象に、裏は女性らしい優しい印象になります。コーデ1と同じく名古屋帯風に真田紐と桜デザインの帯留を使いました。

 

【使用した着物&小物】

・伊勢木綿 お値段はお問合せ下さい。

・広尾和らぎやオリジナル半巾帯「ガーデン(緑)」 ¥6,800(税別)

・真田紐 (綿)薄紫1.5m ¥345(税別)

・帯締「重ね花びら(ピンクシェル&白貝)」 ¥4,300(税別) 

 

 

綿着物コーデを2つご紹介いたしました。とちらの着物も寒色系と暖色系が入っているので帯は選びやすいと思います。

迷ったら着物に入っている色の一つを帯に合わせると間違いありません。

王道の色合わせでもカジュアル着物なら小物で個性を出せますし、浴衣の半巾帯を使う事も出来るので経済的(笑)。

着物のお仕立ては大体2週間~3週間位。今から仕立てればお花見に間に合います!

ぜひ、お着物で春の散策を楽しまれて下さい♪

 

 

 

綿着物のお仕立てのご案内:

着物(反物)は2万円以内の物が中心です。お品物に対して価値ある価格で皆様に提供しております。

続きを読む: 2018 info kimonoshitate

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月のお勧めは『春の新しい生活』に相応しい拘りの財布&名刺入れ♪

作成日:2018年03月01日(木)

 春と言えば入学、入社、新しい仲間、新しい職場と環境の変る季節です。気持ちを新たに財布やパスケース、名刺入れなど買い替える時期でもあります。

 今回ご紹介の印傳と樺細工は当店でも不動の人気を誇る日本の伝統工芸品。丈夫さと機能性に加え見た目の美しさも魅力です。

 また、五月飾りの展示販売も始まります。こちらは、雛祭後の予定ですが既にお問合せがあり数少ない品も出ております。ご覧になりたいお客様は早めにお立ち寄り、たまはお問合せ下さいませ。

続きを読む: 20180301 saijiki1

 

続きを読む: 20180301 saijiki2

簡単にお祝い膳&雛人形2018②

作成日:2018年02月08日(木)

  昔に比べるとお節句の在り方もだいぶ変わって来ているように思います。しかし、子どもの将来を願う親の気持ちは今も昔も変わりません。自分流に、シンプルに、子供の成長を願ってお祝いするのもまた今時でしょうか。

 

さて、お祝いと言っても具体的に何をしたら良いの?と思われる方も居るかもしれません。上司の節句(雛祭)ならば抑えて置きたいポイントが1つ。

それは、雛人形。

 これは、まず上巳の節句が厄除けである事。祝う子どもの替わりに厄を受けてくれるのが雛人形です。当たり前、と思われるかも知れませんが、けっこう飾るためだけの物と思っている方が多いのです。本来はもっと簡素な作りで厄と共に川に流していました(流し雛)。ですのでまず雛人形がある事がとても大事です。

 後はご家族やご友人達でぜひお祝いして頂きたいねすね。凝った物は作れなくても、ちょっとした工夫でお祝いの雰囲気は出せます。よろしいければ、今回の記事の「お祝い膳を作ろう!」をご参考下さい。

 

 それでは、良い雛祭をお過ごし下さい!

 

続きを読む: 20180208 saijiki1

 

続きを読む: 20180208 saijiki2

関連記事:

・2018年広尾和らぎや一押し雛人形♪

・お勧め雛人形2017②

・伊豆稲取の吊るし雛

・広尾和らぎやお勧め雛人形2017

桐箱一筆箋・新シリーズ入荷しました!

作成日:2018年01月24日(水)

続きを読む: 20180124 kachousen1

京都の和詩倶楽部さんの新シリーズ「桐箱花鳥箋(一筆箋)」がついに入荷しました!

柄は5種です。「瓢箪(ひょうたん)」「桜」「金魚」「菊」「稲荷狐(いなりきつね)」、100枚同柄で小さなしおりと文香が一つ入っております。これまでのこのサイズの桐箱箋は一色刷りだったので多色刷でより華やかになりました!

使っている和紙は有名な美濃和紙、100枚入って¥1,600(税別)です。

大人の嗜み、一筆箋の新シリーズはプレゼントや引き出物にもお勧めです。

 

続きを読む: 20180124 kachousen3

しおりはランダムで4種類から一つ入っている様です。

文香が入っているため明けた時にふんわりと良い香りがいたします。

 

Facebook始めました!

作成日:2018年01月15日(月)

Facebook始めました。

 

最新の入荷情報や在庫状況。日々の裏話など、Facebookでお伝えいたします!

ぜひブログと合わせてFacebookもご覧くださいませ。

またFacebookにて質問等も受け付けております。疑問に思われた事などお気軽にコメントして下さい♪

 

 

 

 

2018年広尾和らぎや一押し雛人形♪

作成日:2018年01月08日(月)

 まだまだ先の話。と、悠長に構えていませんか?3月3日のひな祭りは意外に早くやってきます。気に入った人形を探すのは実はとっても大変なんです。なぜかと言うと、五月と違いお雛様にはお顔があり、お顔の好みというのは人それぞれ。お店を梯子してやっと見つけても既に完売、予約済みなんてことも良く聞きます。お勧めなのは一月中にリサーチをしておく事です。いつ、どんな時にどんなお雛様があるのかを正確に情報を集めてご家族で検討されると良いでしょう。

 

さて、広尾和らぎや2018年のお雛様一押しがこちらの箱根寄木細工で出来ている小さ目のお雛様です。小ぶりなので出し入れも簡単。全てが木で出来ているので年月と共に変化する姿も味わいがあります。

もう一つ、お勧めなのが和歌山県の紀州びな。雅な雰囲気を漂よう漆で絵付けされた雛人形です。どちらのお雛様も個性的で自分用にも欲しくなってしまう愛らしい姿です。この他、定番の博多人形・ガラスのお雛様・木地雛も1月下旬より順次販売を開始いたします!

続きを読む: 20180108 saijiki1

 

続きを読む: 20180108 saijiki2

関連記事:

・お勧め雛人形2017②

・伊豆稲取の吊るし雛

・広尾和らぎやお勧め雛人形2017

 

明けましておめでとうございます。

作成日:2018年01月05日(金)

新年明けましておめでとうございます。

本日より仕事初めです。呉服(恵比須)の方は昨日から。

諸事情により明日の6日(土)は広尾和らぎやはお休みさせて頂きます。

その振替で来週9日(火)は10:00~19:00まで営業しております。連休中も火曜の定休日以外は営業しております。

どうぞ皆様本年もよろしくお願いいたします。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。