ブログ | 明治21年創業、日本伝統工芸品、和雑貨店

広尾和らぎや|明治21年創業、日本伝統工芸品、和雑貨店

TEL.03-5784-2951(10:00~19:00)  

10月のお勧めは今回限り?!黒柿の置物と特別価格。

作成日:2019年10月04日(金)

10月のご案内です。今月は色々と今回限りになりそうなご案内です(笑)。

まずは、秋らしく柿の木で出来た置物のご紹介です。

当店のヘビーユーザー様にはお馴染みの「黒柿」です。三日月&フクロウの置物です。落ち着きのある木の模様が大人の置物にふさわしい存在感を備えております。こちら何が今回限りかというと、木彫りをして下さる職人さんが今回限りで居なくなるかも知れません。数年前より工房から「この木彫りね~作っている人がね。居なくなっちゃうんだよね~」と「明日雨らしいよ~」と同じテンションで言われておりまして、それから数年後、本当に無くなりそうになって来たため今回最後のご案内を!という事でピックアップしました。

 

もう一つ、最初で最後になるかもしれない「特別価格」のご案内です。

当店のモットー『いつでも同じ価格』でセールや値引き等一切なし、なのですが、今回初の「特別価格」を3日間限定で2種類ご用意しました。

A、人気の日本製小風呂敷(綿)お好きな柄3枚セット。

 通常¥1,980(税込)⇒¥1,485(税込)

B、リピーター率80%日本製ガーゼバスタオルお好きな柄3枚セット。

 通常¥6,270(税込)⇒¥4,950(税込)

 

期間:10月19日(土)~10月21日(月)

   ※20(日)のみ商店街イベント「広尾フェア自店参加」のため12:00からの販売となります。

     続きを読む: 20191004 tanoshiiwa1

 

3日間限定で色々な特典を考えておりますのでぜひお立ち寄りくださいませ♪

九月の楽しい和~重陽の節句~

作成日:2019年09月01日(日)

 暦の上では夏が終わり秋へと移りました。まだ蒸し暑さは残るものの、時折秋を感じる涼しい風も吹くようになりました。さて、広尾和らぎや九月のご案内は『重陽の節句』です。上巳の節句(雛祭り)や端午の節句に並ぶ五節句の一つでもある『重陽の節句』。一言で言うと「長寿を願う日」です。またの名を『菊の節句』という言われるこの節句の由来は中国の伝説にあります。日本でも平安時代にこの行事が取り入れられました。行事で飲まれる「菊酒」を作っている所を今では聞きませんが、私が好きな日本酒の銘柄で有名な「菊姫」も昔は菊の花で浸した水を仕込み水で使っていたとか。中国では病弱な皇帝が菊酒を飲んで体が強くなったという話もある様です。邪気を払って長寿になれる様、皆様も今年は菊の節句で菊酒を飲んでみてはいかがでしょうか?

 

※菊酒とは菊の花弁(食用)を浸したお酒全般を言います。

     続きを読む: 20190901.tanoshiiwa

【企画】七夕のお供え物『索餅』の作り方!

作成日:2019年07月07日(日)

広尾和らぎや七夕企画!七夕のお供え物、索餅を作ってみよう!

続きを読む: 20180627 sakubei8

七夕と言えば日本人なら誰でも知っている夏の行事です。織姫と彦星の話は園児でも知っているくらい有名。

しかし、七夕ってそもそも何なのか?聞いて見ると結構知らない人が多いのです。

七夕は宮廷行事の一つだったものが民間に広まったもの。元は和歌や琵琶、織物などの上達を願った行事です。

この七夕祭は中国の乞巧奠(きこうでん)と呼ばれる行事にあたり、そこでは索餅というお菓子を供えています。

今回はその索餅の作り方を皆様にご紹介します!

【材料】約15本分

・小麦粉(薄力粉)  100g

・米粉       100g

・塩        小さじ2杯弱

・水        100cc

・油        適量

・砂糖                     適量(最後にまぶす)

【作り方】

1、小麦粉と米粉と塩をボールに入れて混ぜてから水を8割回し入れる。

2、良くこねながら残りの水を少しづつ入れて良くこねる(最初は粉っぽく感じても良くこねていくと写真1の状態になる)

続きを読む: 20180627 sakubei1

写真1

3、耳たぶくらいの硬さになったらラップをかけて30分ほど寝かす。

4、寝かした後、20gつづに千切って細く伸ばしていく。(写真2、3)

続きを読む: 20180627 sakubei2

写真2

続きを読む: 20180627 sakubei3

写真3

5、20㎝位に伸ばしたら真ん中から半分に折ってねじっていく。(写真4)

続きを読む: 20180627 sakubei4

写真4

6、細く伸ばす際、ごまなどを練り込んでもOK。(写真5)

続きを読む: 20180627 sakubei5

写真5

7、全部ねじったら油で揚げていきます。(写真6)

続きを読む: 20180627 sakubei6

写真6

8、きつね色になって火が通ったら取り出して砂糖をまぶして出来上がりです。(写真7)

続きを読む: 20180627 sakubei7

写真7

本当はもっと大きなお菓子ですが一般のご家庭でもお供えしやすい様に小さ目サイズ(10㎝位)で紹介しました。

砂糖の他にハチミツやジャムを付けても美味しいお菓子です。

ただし、お供えなので供えた後で食べて下さいね(笑)。

揚げたては外がカリっとしていてより美味しいです。かりんとうとドーナツの間の様な感じのお菓子です。

この他に、卵を入れたドーナツ風やホットケーキミックスを使った今風の索餅も試してみましたが美味しかったです。

今回はお供えを前提していたので卵や牛乳等は避けました。

ぜひ皆様、本日の七夕は索餅にチャレンジしてみて下さい。

本日店内にて試食会を行っております。レシピも無料でお配りしておりますのでぜひ、お立ち寄り下さいませ♪

続きを読む: 20180627 sakubei8

ゴマ入り索餅

 

 

・広尾和らぎや七夕祭「索餅」試食会のご案内

広尾和らぎや・七夕祭「索餅試食会」のご案内

作成日:2019年06月29日(土)

昨年、ハラハラドキドキしながら行った(笑)七夕企画「索餅(さくべい)試食会」が思ったよりも好評で、今年も開催する事になりました!

昨年同様、多くの方に七夕の由来や意味、まつわる様々な事を知ってもらえると嬉しいです。

ちなみに、七夕のお供え物(お菓子)索餅はけっこうな硬いお菓子です。

歯が折れる事は無いと思いますが(汗)ドーナツをイメージされていると危険です(笑)。

そこで、今年は現代バージョンの柔らかい索餅にもチャレンジしてご試食して頂こうと思っております。

ぜひ、二つを食べ比べてみて下さい♪

 

続きを読む: 20190629 tanabatakikaku pop2

【索餅試食会】

日時:7月7日(日) 11:00~(無くなり次第終了)

概要:七夕のお供え物「索餅」を試食するイベントです。

   広尾和らぎや店内にて開催。どなたでも無料でご参加出来ます。

 

【関連記事】

昨年ブログで掲載した索餅の作り方です。ご参考までに!

・七夕のお供え物!索餅の作り方♪

 

 

ビニール系袋を減らす試み

作成日:2019年06月09日(日)

前回「風呂敷エコバックのススメ」で少し触れましたがエコバックを当店では推奨しております。出来るだけ無駄な包装はしない。出来るだけ環境にも優しくありたいと思っております。少しづつ、まずはビニール系のバックを減らす試みから行ってみようと思います。通常通りお買い物用のバックはご用意しておりますが、お声掛けして必要な方のみとさせて頂きます。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

続きを読む: furoshiki eco
   

エコを考える~風呂敷エコバックのススメ!~

作成日:2019年06月02日(日)

久しぶりのブログです!Facebookにてお知らせは随時しておりましたがブログを書く時間が中々取れませんでした。

さて、今回は「エコを考える~風呂敷エコバックのススメ!~」です。

 

 

エコを考える~風呂敷エコバックのススメ~

 風呂敷は昔のバックです。今と違い昔は「使い捨てる」は「もったいない」と繰り返し使うものでした。

環境問題が本格的に問題になって来た今だからこそ、「もったいない」文化をもう一度見直してぜひエコロジーに目を向けて頂けたらと思います。

風呂敷には簡単にサイズが四段階あります。

1、小風呂敷(中巾)

  大体45~50㎝のもの。主にお弁当包みや金封包みとして使います。最近ではハンカチやテーブルナプキンとしても人気です。

2、二巾

  68~70㎝位のもの。携帯して持ち歩くのに一般的なサイズ。贈答のお菓子を包んだり、サイドバックとして良く使われます。

3、二四巾

  90㎝位のもの。エコバックに良く使われるサイズ。二つ折りの着物を包むのにも対応出来るサイズ。テーブルクロスにも使われます。

4、大風呂敷

  3、以上のサイズ。着物一式や布団などを包むのに良く使われるサイズ。

 

用途によって使分けるのが風呂敷通ですが、一枚持つなら90㎝の二四巾のサイズがお勧め。大は小を兼ねる、という様にとっさにバックが必要!となった際、結び方で大きさをある程度調節出来る90㎝は本当に便利です。

また、旅行などで使うならポリエステルの風呂敷を一枚持っていると便利です。突然の雨、傘がない!なんて時にポリエステルや防水の風呂敷があると頭に被ったり肩にかけたりの雨除けから、レジャーシートとしても使えます。

 

 

まずは、実際に結んでみましょう!

 

私のお気に入りバックの結び方二種類です。

最初のものはハンドル(リング)を使った結び方です。風呂敷は70㎝を使用。使わなくなったシルクのスカーフなんかでも出来ますのでぜひチャンレジしてみて下さい。最後の結び方は私が一番普段使っているスタイルです。何と言っても口を開け閉めするのが簡単で肩にも掛けられる手持ちの部分が使いやすくてGood。買い物バックとしても良く使っています。今回は90㎝の風呂敷を使いました。

 

次はエコバックだけでなく、普段の風呂敷の使い方をご紹介。

 

風呂敷の使い方色々①

 風呂敷は一言でいうと四角い布。生地の素材や風合いによってバックにもスカーフにもなります!

 

 

風呂敷の使い方色々②

防水の風呂敷は私のお気に入りです。エコバックやレジャーシートに使っています。

突然の雨にも素早く対応出来るので本当に便利です。

 

 

まずはお店からビニールを減らす事から。そう考えております。それには皆様のご協力が必要です。エコバックを持ち歩くのが億劫であってもぜひ風呂敷を持ち歩いて頂きたい。そう願っております。

また、風呂敷や手拭いは災害時にも大変役立ちます。災害時の使い方もまたいつか紹介したいと思います。

 

 

カジュアル着物のススメ~帯揚げ編~

作成日:2019年03月10日(日)

春を迎え河津桜が満開。そろそろソメイヨシノや枝垂れ桜の花が膨らんで来る頃でしょうか。

暖かさも増してコートか薄物やジャケットに変わって来ました。

さて、春に定番となった「大人のカジュアル着物のススメ」今回は「大人」が抜けておりますが、入れ忘れたのでは無く今回のコーディネートを後から見たら大人だけでなくもっと若い世代の方も着れるのでは?と思ったからです(笑)。

 

では、さっそく今回の着物コーデ~帯揚げ編~をご覧下さい。

 

 

**** カジュアル着物コーデ・帯揚げ編 ****

 

  

続きを読む: 20190308 obiage2

 着物コーデ 1-1

  

和らぎやの定番、綿紬+綿名古屋帯。

春を意識してピンクの名古屋を紺地の着物に合わせました。

帯揚げは薄いグリーン。少し黄色寄りの綺麗なグリーンです。

紺とピンクの間を取り持ってくれる春らしい爽やか色合わせです。

 

  

続きを読む: 20190308 obiage4

着物コーデ 1-2

 

帯と着物はそのままで帯揚げだけ紫にチェンジしております。

紫は赤寄りの少し明るい色です。紫にする事で帯留めが帯揚げと引き立てあって存在感を感じます。

また紫は色気を感じさせる色でもあるので大人の女性らしい魅力が出せます。一枚はあると便利な色だと思います。

 

 

  

続きを読む: 20190308 obiage3

 着物コーデ 1-3

 

今度は紺の帯揚げです。引き続き帯+着物は同じコーデです。

紺の色は少し明るめの紺色です。そのため全体が紺に纏まっていますがそれぞれトーンの違う紺を使っているため纏まりがありつつ沈まないコーディネートになっております。ここまで紺が揃うと帯のピンクがとても活きてきます。着物と帯揚げだけ見るとかなりかっこいい感じですね。ピンクの帯がそれを和らげています。もしもかっこいいコーディネートがお好きな方は帯の色をベージュや生成り、博多帯などにすると江戸っ子好みの「粋」な感じになります。

 

続きを読む: 20190308 obiage2 続きを読む: 20190308 obiage4 続きを読む: 20190308 obiage3

《使った物》

着物/伊勢木綿、帯/オリジナル綿名古屋帯

帯揚げ/正絹の色無地(地紋あり)

帯締め/三分紐(正絹)

帯留め/にのみやあ~とトンボ玉

 

 

  

続きを読む: 20190308 obiage5

 着物コーデ 2-1

 

こちらも綿名古屋帯+綿紬のコーデです。

エンジの縞の着物にからし色の名古屋帯。帯揚げはクリーム色です。

帯揚げをクリーム色にする事で全体にほんわかしたコーディネートになっております。

「粋」な縞は誰でも一度は憧れる柄ですが、身長が低かったり「粋」な柄があまり得意で無い方でも帯と帯揚げで可愛らしさや落ち着き感を出すと着こなす事が出来ます。

 

  

続きを読む: 20190308 obiage6

 着物コーデ 2-2

 

帯揚げを先ほども使った紫に変えました。

先までは帯と着物を繋ぐ色として帯揚げを使って来ましたが、今回は効き色としての帯揚げです。

黄色(からし色)と紫は反対色とまでは行きませんがほとんど間反対の色です。そのため隣り合わせるとお互いの色が強く出てきます。

黄色と紫の間にある色は「赤」。赤よりもトーンの低いエンジの着物が強い色合わせの帯と帯揚げを上手く纏めています。

カジュアル着物の醍醐味は個性的なコーデも果敢に試せる!所と信じている私です(笑)。

この様な個性的なコーディネートに多くの方が挑戦して欲しいと思っています。

 

 

  

続きを読む: 20190308 obiage7

 着物コーデ 2-3

 

帯揚げを赤に変えました。

帯、帯揚げ、着物が暖色系です。帯揚げの赤が少し鮮やかな赤で若々しいコーデになっています。

着物のエンジがもう少し明るい色ですと十代位から着れるかな?と思います。

また、帯揚げの赤をもう少し暗めの色にすると落ち着き感が出て来ます。

今回は元気の出る鮮やかな赤で、「寒い冬が終わって暖かい日々が来た!」というイメージです。

帯留めのエンジ色が明るい帯揚げの赤とからし色の帯に落ち着きを出して明るすぎないコーデにしています。

 

続きを読む: 20190308 obiage5 続きを読む: 20190308 obiage6 続きを読む: 20190308 obiage7

《使った物》

着物/古渡唐桟、帯/オリジナル綿名古屋帯

帯揚げ/正絹の色無地(地紋あり)

帯締め/真田紐(正絹)

帯留め/にのみやあ~とトンボ玉

 

 

という訳で、帯揚げから見る着物コーデでした。

新しいコーデをしたくても着物をフルセット揃えるのはカジュアルな物でも値が張って中々難しいです。

そのため、小物だけでも変えると雰囲気が変わって同じ帯と着物でも新鮮に感じると知って欲しいと今回この様な記事を書きました。

正式な場所に行くのでは無く、個人で楽しむためのカジュアル着物。たくさんの人に気軽に楽しんでもらいたいと思います。

お花見はこれからが本番。着物のお仕立てはまだギリギリお花見に間に合います!春は着物でとお考えの方はぜひご相談下さい♪

 

 

関連記事:

・春は着物で出かけよう♪~カジュアル着物のススメ~2018

・和らぎやオリジナル半巾帯

 

 

 

 

 

広尾和らぎや厳選~五月飾り2019~

作成日:2019年03月03日(日)

 五月五日は端午の節句です。上巳の節句(雛祭)と同様にお子様の健やかな成長を願う行事です。2019年の広尾和らぎやのお勧めは王道の兜飾り。今回ご紹介するお品はどれも小ぶりながら存在感のある兜ばかりです。リビングや寝室、客間など置き場所に困らないサイズ。独り立ちしても持っていきやすいサイズですので一生共に成長する事の出来る飾りを今年はお勧めいたします。

 島根県の木地人形を作る工房からは兜飾りだけでなくユニークなコマの鯉のぼりも登場。遊んでも良し、飾っても良し、楽しくなるお品です。

 高岡銅器からは黄金色の兜。鉄や銅のイメージより華やかに金色に輝く兜です。重ねた座布団は表裏とお好きなお色を上にして頂けます。

     続きを読む: 20190303 saijiki1

続きを読む: 20190303 saijiki2

2019年広尾和らぎや雛祭特集~第二弾~

作成日:2019年02月01日(金)

 広尾和らぎや雛祭特集~第二弾~です!

今回もワクワクする関連商品を集めました。まずは、ずっとご要望がありました貝合わせが今回初登場です!本金箔を使用した豪華な作り。写真では分かりずらいですが桜の薄紅色と小鳥が素敵な絵柄です。雛人形とは違う物を探されている方はぜひ一度ご覧くださいませ。

そして、当店では定番の博多人形のお雛様。今回ご紹介させて頂いたのは小ぶりなお雛様です。ご出産のお祝いやお二人目のお祝いにも喜ばれる逸品です。

 

この他、たくさんのお雛様を展示販売しております。五月飾りも展示が始まっております。詳しくはFacebookなどでもご紹介しております。ぜひご覧くださいませ。

     続きを読む: 20190201 saijiki1

 

 

 

 

 

 

続きを読む: 20190201 saijiki2

【関連記事】

・2019年広尾和らぎ雛祭特集~第一弾~

・2018年お勧め雛人形

・伊豆稲取の吊るし雛

2019年広尾和らぎや雛祭特集~第一弾~

作成日:2019年01月07日(月)

 今年のひな祭り特集第一弾は「薩摩糸雛」から。東京では珍しい麻糸を使ったお雛様です。初節句の際に親戚やご近所から贈られるという糸雛は雛人形の横に飾られるそうです。昔はその贈られる糸雛の数を競ったとか。子どもの成長を願う心の籠ったお雛様です。

そして、もう一つは島根県より木地雛です。こけしと同じく一つの木から削られた木地に雅な絵付けがされています。木の温もりと子どもの成長と共に変化する様子はお嫁入する際にも持って行きたくなる逸品です。

     続きを読む: 20190107 saijiki1

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む: 20190107 saijiki2

【関連記事】

・2018年お勧め雛人形

・伊豆稲取の吊るし雛