【企画】七夕のお供え物!索餅(さくべい)の作り方♪ | 明治21年創業、日本伝統工芸品、和雑貨店

広尾和らぎや|明治21年創業、日本伝統工芸品、和雑貨店

TEL.03-5789-6075(10:00~19:00)  

ブログ

【企画】七夕のお供え物!索餅(さくべい)の作り方♪

作成日:2018年06月27日(水)

七夕企画!七夕のお供え物、索餅を作ってみよう!

 

20180627 sakubei8

 

七夕と言えば日本人なら誰でも知っている夏の行事です。織姫と彦星の話は園児でも知っているくらい有名。

しかし、七夕ってそもそも何なのか?聞いて見ると結構知らない人が多いのです。

七夕は宮廷行事の一つだったものが民間に広まったもの。元は和歌や琵琶、織物などの上達を願った行事です。

この七夕祭は中国の乞巧奠(きこうでん)と呼ばれる行事にあたり、そこでは索餅というお菓子を供えています。

今回はその索餅の作り方を皆様にご紹介します!

 

 

【材料】約15本分

・小麦粉(薄力粉)  100g

・米粉       100g

・塩        小さじ2杯弱

・水        100cc

・油        適量

・砂糖                     適量(最後にまぶす)

 

【作り方】

1、小麦粉と米粉と塩をボールに入れて混ぜてから水を8割回し入れる。

2、良くこねながら残りの水を少しづつ入れて良くこねる(最初は粉っぽく感じても良くこねていくと写真1の状態になる)

20180627 sakubei1

写真1

3、耳たぶくらいの硬さになったらラップをかけて30分ほど寝かす。

4、寝かした後、20gつづに千切って細く伸ばしていく。(写真2、3)

20180627 sakubei2

写真2

 

20180627 sakubei3

写真3

 

5、20㎝位に伸ばしたら真ん中から半分に折ってねじっていく。(写真4)

20180627 sakubei4

写真4

 

6、細く伸ばす際、ごまなどを練り込んでもOK。(写真5)

20180627 sakubei5

写真5

 

7、全部ねじったら油で揚げていきます。(写真6)

20180627 sakubei6

写真6

 

8、きつね色になって火が通ったら取り出して砂糖をまぶして出来上がりです。(写真7)

20180627 sakubei7

写真7

 

本当はもっと大きなお菓子ですが一般のご家庭でもお供えしやすい様に小さ目サイズ(10㎝位)で紹介しました。

砂糖の他にハチミツやジャムを付けても美味しいお菓子です。

ただし、お供えなので供えた後で食べて下さいね(笑)。

揚げたては外がカリっとしていてより美味しいです。かりんとうとドーナツの間の様な感じのお菓子です。

この他に、卵を入れたドーナツ風やホットケーキミックスを使った今風の索餅も試してみましたが美味しかったです。

今回はお供えを前提していたので卵や牛乳等は避けました。

ぜひ皆様、今年の七夕は索餅にチャレンジしてみて下さい。

 

面倒な方は、7月7日(土)広尾和らぎやにて索餅の試食会を開催予定ですので食べにいらして下さい。

 

20180627 sakubei8

ゴマ入り索餅