鉄製品 | 明治21年創業、日本伝統工芸品、和雑貨店

広尾和らぎや|明治21年創業、日本伝統工芸品、和雑貨店

TEL.03-5789-6075(10:00~19:00)  

鉄製品

日本を代表する伝統的な工芸品である鉄瓶。
岩手の南部鉄器が有名ですが、山形県や東京都近辺でも作られている事をご存じでしょうか?
当店では鉄瓶を産地別で見比べる事が出来きます。

山形鋳物

山形鋳物

山形鋳物のタヌキの急須です。
茶道で使われる時の、お茶の湯釜の大半がこの山形産の山形鋳物です。
その起源は平安後期とまで言われており、とても長い歴史をもった伝統工芸です。

南部鉄器

南部とありますが、発祥は奥州市、盛岡市と言われております。
それぞれ違う歴史をたどったといわれる南部鉄器ですが、冷めにくく、焦げ付きづらい南部鉄器。
重たくて扱いづらいという方も居るかと思いますが、それ以上にメリットもあります。
温度にムラ出来づらく、鉄分が僅かに染み出る為、貧血気味の方には特におススメです。

南部鉄器
江戸鉄瓶

江戸鉄瓶

 明治十九年「東京鋳物職人一覧」によると川口名産細工名人として66人の鋳物師の内、32人が鉄瓶という圧倒的な数の職人がおりました。現代に移り鋳物作りは衰退し、第二次世界大戦後は沈黙してしまいました。

 2014年秋、江戸鉄瓶の名で東京鋳物を復活させた『江戸鉄瓶工房』。仕事がとても素晴らしく、仕上がりが綺麗です。現在主流になっている原型を使い砂をプレスしている量産タイプとちがい全て昔ながらの惣型、焼型の手仕事なのも魅力の一つです。

 

南部鉄器:鉄瓶・鍋敷き・急須・風鈴・文鎮・鈴・印鑑入れ その他

Nanbutetu ( Ironwork )

  • Nambu-tekki ( Ironwork ) : An iron kettle / a wind-bell etc.

製品に関するお問い合わせは、当店ウェブサイトのお問い合わせフォーム、またはお電話より承っております。

TEL:03-5789-6075

営業時間/9:00~19:00